読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チケットキャンプに対する考察

いけなくなったチケットを無駄にしたくない。それを定価以下もしくは定価プラス手数料程度で売る。

これも、正式には主催者が転売を禁止しているため利用規約違反だが、主催者が取り締まることはない。

ですが、明らかに高額取引を繰り返していると迷惑条例違反と利用規約違反でアウトです。

ですが、この対策を主催者がやるのは対策費がかなりかかります。

ですからもう少し対策に時間がかかります。

 

さてチケットキャンプでは発券番号のみの取引をシステムとして提供しています。

これにより通常の公演が困難になるほどの被害が出ています。

まずは複数のアカウントを使用し公式サイトで予約券だけ取る。その数、数百座席、必然的に公式サイトで買えなくなる。チケットキャンプで一枚3000円程度で予約券だけ売る。チケット代は別途です。

さて、ここで得するのは悪質な転売屋とチケットキャンプだけです。

ある意味業務妨害で転売確定なので通常逮捕ができます。購入したチケットは解釈上転売目的と言い切れないことが多いのですが発券番号だけの予約券は転売目的と言い切れます。転売しないなら放置すれば良いだけなので。その為これら転売屋を放置した時点でチケットキャンプは確信犯と言えます。

たか、ワクワク、tike2222の被害者さん、お笑いへの迷惑を考えて購入者は少額訴訟をしてほしいと。訴訟が始まると連鎖的にジャニーズやアイドル系も訴訟を起こせます。

現在の日本は叩く時は徹底的に叩きます。

テーマとしても庶民的だし正当で政治家も扱いやすい。

チケットキャンプに対しては大手が動けば集団代表訴訟に持っていけます。親会社のミクシィもいるので賠償を取ってうまく2次流通できるシステムを組みましょう。